ミルボンの洗い流さないトリートメントを詳しく紹介

サロン系シリーズとして愛用者も多いミルボンは、パッケージが可愛くて筆者も好きなブランドです。

 

定番シリーズから髪質や悩みに合わせて豊富な種類の洗い流さないトリートメントがあるので、自分にピッタリのトリートメントを選ぶ事が出来るのも魅力の一つです。

 

どんなトリートメントが今の自分に合うのか、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

『ディーセス エルジューダMO』

ドライヤーの前に使うタイプのトリートメントで、オイルタイプのものになります。

 

オイルタイプは苦手…という方でも、ドライヤー前に使うタイプはブロー後の仕上がりがしっとりサラサラになるので、ベタつきを感じる事なく使えるかと思います。

 

樹齢六千年の木から採れると言われている、希少価値の高いバオバブのオイルを配合しており、『硬い・太い・ゴワつく』髪の毛ほど効果を実感出来ると好評のトリートメントです。

 

⇒ミルボン ディーセス エルジューダMOはこちら

 

『ディーセス エルジューダFO』

エルジューダFOは、MOと同じくドライヤー前に使うオイルタイプのトリートメントです。

 

MOは硬い髪質に適していましたが、こちらはハリやコシが無いペタっとした髪質の方に適した配合になっており、バオバブオイルの他に油溶性シルクPPTが配合されています。

 

油溶性シルクPPTが髪に適度なハリやコシを与えてくれるので、扱いにくくへたりがちな髪の毛にも適度に動きを持たせてくれると評判のトリートメントです。

 

なかなかボリュームが出ない髪質の方におすすめのタイプですね。

 

⇒ミルボン ディーセス エルジューダFOはこちら

 

『ディーセス エルジューダエマルジョン』

こちらはダメージ補修型のクリームタイプのトリートメントです。

 

ケラチンが配合されているので保湿性に優れており、よりしっとり感が持続します。酷い乾燥毛でお悩みの方にも適しているでしょう。

 

硬くて水分が少ない髪質ほど効果を発揮する成分『バオバブオイル』と『アクアコラーゲン』が配合されており、ドライヤーの前に使用する事でブロー後は『柔らか・ふわふわ』な質感が楽しめると評判です。

 

香りも良いので、毎日のダメージ補修ケアにお勧めのタイプです。

 

⇒ミルボン ディーセス エルジューダエマルジョンはこちら

 

『ディーセス エルジューダエマルジョン+』

エマルジョン+は、より太い髪質の方に適したタイプのトリートメントです。

 

エマルジョンと同じくドライヤー前に使用するタイプのもので、配合されている成分もほとんど同じです。どちらのタイプも同じ働きをするので、髪質のタイプによって選ぶとおり効果を発揮するでしょう。

 

乾燥を防ぎ、ダメージを補修してくれる効果が抜群に高いトリートメントです。

 

⇒ミルボン ディーセス エルジューダエマルジョン+はこちら

 

『ディーセス エストクアルSO』

美容室専売品であるこちらは、口コミサイトでもかなりの高評価を得ている実力派トリートメントです。

 

特にダメージによるうねりや乾燥に悩まされている方こそ効果が高く、ドライヤー前に髪に馴染ませてからブローすると仕上がりも歴然です。

 

指通りもなめらかになり、扱いやすい髪質へと導いてくれるトリートメント。乾燥毛・剛毛・クセ毛の改善に効果があると人気の商品です。

 

⇒ミルボン ディーセス エストクアルSOはこちら

 

『ディーセス エストクアルSL』

エストクアルSOと同じく、美容室専売品のトリートメントで、SOはいわゆる『剛毛』タイプに適しているのに対し、SLは『猫っ毛』タイプの細くて柔らかい髪質の方に適しているタイプになります。

 

細い髪質は絡まりやすいのが欠点ですが、こちらのトリートメントを使用する事でつるんとした質感になり絡まりにくくなった、との口コミがとても多いです。

 

オイルタイプですがベタつきも少ないので、とても使いやすいトリートメントだと思います。

 

⇒ミルボン ディーセス エストクアルSLはこちら

 

『ディーセス アプラウ ウォーターゲル』

ウォーターゲルの名前通り、みずみずしいテクスチャーでかなり軽い使用感のトリートメントです。

 

ディーセスのトリートメントシリーズは硬い髪質の方ほど効果を感じやすいのですが、こちらも同じく硬い髪質の方にお勧めの商品です。

 

ただ、ウォータータイプなのでさっぱりとし過ぎた使用感に物足りない感じを受ける方も多いかもしれません。総合評価の高いディーセスの中でも、好みが分かれるタイプのものでしょう。

 

ダメージが進んでいるかなり髪質の方だと、なかなか効果を得にくいかもしれません。硬い髪質だけどそこまでダメージを感じていない、ボリュームダウンを目的としている方にピッタリだと思います。

 

⇒ミルボン ディーセス アプラウ ウォーターゲルはこちら

 

『ディーセス アプラウ ミルクモイスチュア』

髪が硬くて扱いにくい、乾燥が激しいタイプの髪質にお勧めのトリートメントです。

 

しっとり柔らかい質感に憧れているけど、ボリュームは崩したくない…という方はこちらが合っているかと思います。

 

ブローする前に付ける事で、仕上がりがふんわり柔らかくなり、ブローしたてのふんわり感が持続すると好評のトリートメントです。

 

ミルクタイプのトリートメントなので、タオルドライ後の濡れた髪にも使いやすく、付けすぎる事がありません。初めて洗い流さないトリートメントを使う…という方にお勧めのタイプでしょう。

 

⇒ミルボン ディーセス アプラウ ミルクモイスチュアはこちら

 

『ディーセス レミューセラム』

さらさらのテクスチャーで使いやすいタイプのトリートメントです。

 

サラサラでつるつるの仕上がりになるとの口コミも多く、また使用感がさっぱりしている事から愛用者も多いようです。

 

こちらのタイプは香りが良いと評判で、同時に乾燥を防ぎ指通りも良くしてくれる事から人気を集めているタイプです。

 

トリートメントにも香りを求めている方はこちらがお勧めでしょう。

 

⇒ミルボン ディーセス レミューセラムはこちら

 

『ディーセス レミューフルイド』

髪が柔らかくなり、しっとりとまとまると評判のトリートメントです。

 

こちらのタイプはふんわりとしたボリュームを保ちながらサラサラの仕上がりを実感出来るので、トリートメントでペタっとするのが苦手な方にピッタリのタイプです。

 

ベタつかない使用感も人気の一つで、ワンプッシュで効果を実感出来るとあってコスパも良いと評判の商品です。

 

⇒ミルボン ディーセス レミューフルイドはこちら

 

『ディーセス レミュークリーム』

クリームタイプのトリートメントですが、ありがちなベタつき感はありません。しっとりしながらもサラサラの指通りを実現してくれるので、乾燥しがちで硬い髪質の方にお勧めのタイプです。

 

髪を補修しながらもボリュームを出してくれるので、ブロー前にこちらを使う事によってブローしたての綺麗な髪が継続します。

 

ダメージ補修効果はあまり見込めませんが、ボリュームアップをしながら髪の毛の保護をしたい、スタイリングを楽にしたい…という方にピッタリだと思います。

 

⇒ミルボン ディーセス レミュークリームはこちら